良縁-その先の人生を見つめて

第2章 すぐに結婚が決まる人、なかなか決まらない人

結婚が決まりやすいのはどんな人?

年齢が若ければお見合いはたくさんできます。 でも、お見合いができるから結婚できるとは限りません。
では、どういう女性が決まりやすいかといえば、まずは第一印象が良い人です。だれと話しても受けの良い人、好印象を与える人は決まりやすいですね。
それから、相手にあまり条件をつけない人。自分をよく知っている人、実力以上に自分を評価しない人は決まるのが早いです。欲を言わず、お相手が仕事もきちんとこなし、性格もやさしそうだと思えば交際に入ってみて、次のステップで家庭的な人かどうかを見極め、スムースに結婚するような方は、幸せな結婚生活をおくっていらっしゃいます。でも五人に一人くらいは、「このあとまだまだ良い人がいるのでは……」と思ってしまい、そうなると結局チャンスを見送ってしまい、それを繰り返して、五年、六年と在籍し続けてしまう人もいます。
また、減点方式で相手を見てしまうというのも、なかなか結婚が決まらない女性の特徴です。いっしょうけんめい男性が前に進もうとしても、女性は「いったいどこからこんなアラを見つけてきたのだろう」と思うくらい些細なことで「だめ」と決めつけてしまい、なかなか前進しようとしないのです。なかには「こんなにいい人がいるはずがない」と、ほとんど難癖に近いことを言う人もいます。こういう人は、いざ結婚が目の前に実現しそうになると、怖くなってついアラを探してしまうのかもしれません。
男性で早く決まりやすい人というのは、やはりマメに連絡をとる人でしょう。せっかく交際に入りながら、二、三回女性に連絡しても不在だったりすると、気が引けてしまって連絡をとらなくなってしまう男性がいます。また、そういう方に限って、留守電にメッセージを残さず、すぐに電話を切ってしまいがちです。
女性はどんなに年齢を重ねていても、自分からは電話をかけず、相手からの連絡を待っているものです。ですから、お相手が不在のときは、留守電にメッセージを残すなど、とにかくマメに連絡をとる人、不在が続いてもあまり気にせず、なんとか連絡をとろうとする方の方が、結婚が決まる確率が高いですね。
夢と希望を女性に話せる男性も、女性には好意的に見られます。結婚はパートナーとともに未来を作ること。「この人といっしょに夢を現実にしていきたい」と思わせれば、結婚に王手をかけたも同然です。